チンジャオ娘。の同人誌レビュー > エンガワ卓はサキュバス呼んだら母が来た

チンジャオ娘。の同人誌レビュー

エンガワ卓はサキュバス呼んだら母が来た

エンガワ卓はサキュバス呼んだら母が来たの絵を担当。
エンガワ卓の得意なのはムチムチしてボインな女の子。サキュバス喚んだらに現れる母も巨乳でムチムチ。チンジャオガールとの共同作品は姉はヤンママ授乳中in実家などがある。

サキュバス喚んだらを読むならbookliveコミック(旧ハンディコミック)がお得。その理由は先行独占配信されるからです。さらにブックライブコミックでは月額コースが初月無料に。



エンガワとチンジャオのコラボ同人誌サキュバス喚んだら母が来た!?来年の1月に発売予定!72時間オナ禁すると呪文を口ずさむとサキュバスが出てくる。ってことを知ったタカシは頑張ってオナニーを我慢。そして召喚したのはなんと自分の母親だった。サキュバス呼んだら母が来たに出てくるキャラクターを紹介。

森田タカシ。


男子学生でまだセックスしたことがない。
母親の裸を見て勃起すらしない。森田惠利、森田タカシの母。髪がボサボサで女子力なし。
エリリン、タカシのもとに現れたサキュバス。その正体は森田タカシの母の森田惠利。

サキュバスとはsexを通じて男性を誘惑するために女性の姿をした形で夢に出現する架空の存在である。


女夢魔と翻訳される。
同人とは明治時代初期に同じ志を持った仲間同士が集まって、同人雑誌を作っていた。同人誌イコールエッチなものやことではない。どうして同人=エッチなイメージがあるかというと同人の世界ではエロが一番人気のあるジャンルだからです。
毎月1冊は同人誌を出して五百部以上購入者がいたらやっと生活していけるレベルのようです。行き遅れババア孕ませたの原作チンジャオ娘は作品が配信されると1万本以上は売れる大人気同人サークルである。同人の絵を担当しているイラストレーターはPINK☆DRAGON。



チンジャオ娘のエロ漫画が大ヒットする訳はエッチに興味なさそうな女の子があることをきっかけにエッチに目覚め、快楽に溺れていく様が人気のようです。
「神の乳母〜異形に奪われた妻〜」みたいなエログロな作品もたまにあります。
Copyright (c) 2014 チンジャオ娘。の同人誌レビュー All rights reserved.
▲ページの先頭へ