チンジャオ娘。の同人誌レビュー > チンジャオ娘とエンガワ卓の最新エロ漫画サ

チンジャオ娘。の同人誌レビュー

チンジャオ娘とエンガワ卓の最新エロ漫画サ

チンジャオ娘とエンガワ卓の最新エロ漫画サキュバス喚んだら母が来た!?が2020年春に発売決定!マスターベーションを72時間禁止するととある呪文を唱えればサキュバスが現れる。そのことを知った男子学生のタカシは頑張ってオナニーを我慢。呼んだサキュバスは母親だった。サキュバスよんだらを読むならbookliveコミックがおすすめ。


その理由は先行独占配信されるからです。

bookliveコミックでは1ヶ月目の料金が無料。
同人とは明治時代、等しい志や趣味を持っていた人達同士が集い、同人誌雑誌を制作していた。同人誌イコールエッチなものやことではない。



なぜ同人=エロなのかというと同人の中でエロがとても人気があるからです。

毎月1冊は同人誌を出して500部以上売れたらやっと生活していけるレベルのようです。エンガワ卓はサキュバスよんだら母が来たの絵を描く。



エンガワ卓の得意なのはおっぱいが大きいむちむちした女。

サキュバス呼んだらに出てくる母親も巨乳。チンジャオガールとの共同作品は合宿免許の実態〜彼女を変えた14日間〜 などがある。


サキュバス喚んだら母が来たの登場人物を紹介。

森田タカシ。男子高校生で性交渉はまだない。母親に魅力を感じない。

森田惠利、森田タカシの母。普段は髪がボサボサで魅力なし。

エリリン、タカシのもとに現れたサキュバス。

その正体は森田タカシの母の森田惠利。行き遅れババアの原作者チンジャオ娘は1作目の作品「しょうた(40)とお姉ちゃんの夏休み」が爆発的に売れたことで注目され始めた。同人誌のイラストを担当してる人は達磨さん転んだ。



チンジャオ娘の同人がなぜ人気かというとエッチに興味なさそうな女の子があることをきっかけにエッチに目覚め、快楽に溺れていく様が人気のようです。



「飼育小屋少女」みたいなエロくてグロい同人を企画することもあります。
サキュバスとはセックスを通じて男を誘うために女性の姿をした形で夢に出現する超自然的存在である。男性型はインキュバスと言われている。
Copyright (c) 2014 チンジャオ娘。の同人誌レビュー All rights reserved.
▲ページの先頭へ